2019年7月1日より光コラボ事業者変更制度(再転用)の導入が決定

光コラボ事業者変更制度

 

 

2019年7月1日より光コラボの事業者変更制度の導入が決定
全コラボ事業者一斉開始となるんですね。

 

事業者変更手続きの導入について

 

2019年7月1日(月曜)より、フレッツ光の設備を使った他社光サービスをご利用中のお客さまが、新たに工事を実施することなく、ドコモ光へのきりかえが可能となる「事業者変更」のお手続きを導入いたします。

 

事業者変更とは

 

光コラボレーション事業者が提供するフレッツ光の設備を使った光サービスをご利用中のお客さまが、新たに工事を実施することなく、他の光コラボレーション事業者が提供する光サービスのご契約に変更するお手続きのことです。

 

引用元:NTTドコモホームページ
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/collabo_change/

 

この新乗り換え制度事業者変更による再転用が開放されることにより
他社光コラボの利用者がドコモ光へかんたんに乗り換えられるようになります。

 

再転用ですから立会い工事の必要がなく工事料不要
自宅の電話番号も変わることなくそのまま使えます。

 

では、再転用でどんなメリットがあるのかというと
ドコモの携帯・スマホを使っているユーザーがドコモ光に再転用すると

 

携帯とのセット割が適用されますからスマホ代が安くなるんですね。

 

 

つまり、ドコモ携帯ユーザーがソフトバンク光やぷらら光
Sonet光やOCN光を使っていても携帯とのセット割はありませんが

 

ドコモ光に乗り換えることで携帯代の割引が適用されるわけです。
これ、大きくないですか?

 

あと、他社光コラボ利用中で通信速度が遅いと感じているなら

 

ドコモ光GMOとくとくBBならv6プラスの高速安定通信で
高性能wifiルーターが無料でレンタルできるのでこの点もプラス材料に

 

 

もう1点、今まではフレッツ光から光コラボに転用すると
フレッツ光に戻すことができなかったため

 

ドコモ光に乗り換えたくても転用に踏み切れない・・
というフレッツ光ユーザーもまだまだ多かったんですね。

 

ですが、今回の事業者変更制度再転用により
光コラボからフレッツ光へ戻すことも可能になりました。

 

この点も事業者変更制度のメリットだといえるでしょう。

 

ドコモ携帯ユーザーがドコモ光に乗り換えることでスマホセット割
dポイントプレゼントなどの特典も用意されていて

 

プロバイダのGMOからは期間限定でのキャッシュバックや
wifiルーター無料レンタルなどの特典も用意されています。

 

 

他社から切り替えるだけで携帯代が安くなって
キャッシュバックやdポイントまでもらえると家計も大助かりですよね!

 

事業所変更の流れはこちら